収支をプラスにしよう!

競馬というものは一日の間で開催するレースは12回というのが普通です。

違う所でやっているレースなども参加できますので、全て参加すれば15回程度になると思われます。
参加するレースが多ければ多い分当たる確率は高くなってきますよね。
まあその逆も言えることなんですが。

数多くの馬券を当てたとしても、最終的なトータル収支はマイナスだったという方々は少なからずいると思います。
ですので根拠を持てるレースだけに絞って、慎重に分析し買い目を抽出していく方法が望ましいと言えます。
馬券を買う根拠がもてないレースはどんなにお金を払ったとしても、当てることは難しいと言えるでしょう。
時には馬券を買わないのも一つの戦術ですので、これを実行できればその分プラスになるのです。

週末になり競馬番組を見ているとG1といった事を耳にしたことはありませんか。
例を挙げますと有馬記念や天皇賞といったものがあり競馬を嗜んでない方々でも一度は耳にしたことがあると思います。

今年も春の祭典天皇賞(春)の競馬予想しています。

そこには格有力馬が一堂に会し、コンディションもこの日のために合わせてきています。
他のものとは違い優勝賞金が高額なため、必死で勝ちにきます。
さらには上の級に上がってきたばかりの出走馬や厩舎などは死に物狂いで勝ちにきます。
このような事柄は競馬専門誌などで確認することが出来るので事前に情報を入手すると良いでしょう。
その他にその日の天候や脚質など様々な事を考慮して馬券を購入しましょう。
先ほども言いましたがそれでも分からない場合は無難に馬券を買わない方が吉でしょう。
なんとなくだけど当たりそうだから馬券を購入したいと思う気持ちは分かりますが、なんとなくでは当たりません。
さらには、真剣にトータル収支をプラスにしたいと考えているならば静観するのも大切なポイントです。

このページの先頭へ